食べ放題付きのツアー

水族館を鑑賞できる日帰りバスツアーの中には、昼食付のものもみられます。その中には、食べ放題の企画の含まれたツアーもいくつかあります。水族館で海の生物をいろいろと鑑賞して、食べ物を心行くまで堪能できれば、心も体も満足でしょう。中には海鮮浜焼き食べ放題のツアーも結構見られます。水族館は海辺に用意されていることもあり、地理的にうってつけのシチュエーションです。

ホタテ浜焼き食べ放題では、いろいろな食材のうまみを味わえます。貝類や地魚の干物といった海の幸はもちろんのこと、フランクフルトや鶏肉、トウモロコシをはじめとした野菜などラインナップも充実しています。そのほかにも海鮮丼を用意しているツアーもみられます。いくつか海鮮のネタが用意されていますから、その中から自分の好きなものを選んでご飯の上に載せられるような趣向のツアーもあります。サラダバーやスイーツなども付いてきますので、海の幸をたくさん食べたあとでデザートにて口直しもできます。

季節によっては、いちご狩りのようなフルーツ食べ放題のツアーを企画している旅行会社もみられます。フルーツ好きの方は参加してみるといいでしょう。このようにプラスアルファの企画などでどのツアーに参加するか比較してみるのもおすすめです。

〈参照HP〉日帰りバスツアー新宿発│食べ放題付きツアー

箱根の水族館ツアー

ショー新宿発の日帰りバスツアーで水族館がコースに含まれているものもあります。その中でも水族館は箱根のものであるツアーが多いです。箱根の水族館は標高が日本でも最も高いところに位置しているといわれています。その中でもアザラシは人気のアトラクションです。アザラシの中でもバイカルアザラシといって、ロシアのバイカル湖という淡水に棲んでいる世界的に珍しいアザラシになります。

水族館なので海洋生物のほかにも川や湖に生息している淡水の海洋生物も展示されています。箱根には近くに芦ノ湖があることで有名ですが、こちらに生息しているニジマスなども暮らしています。洞窟に生息している魚など、水族館でもなかなかみられない生物を鑑賞することも可能です。海水魚に関しては、テッポウウオやハリセンボン、タカサゴなどが展示されています。1日1~2回程度海中ショーといって、ダイバーが餌をあげるイベントが毎日開催されているのも見ものです。

このような日帰りバスツアーの中には夜までイベントの続くようなものもあります。箱根のツアーの中には駒ケ岳で夜景を堪能するものもあります。まるでプラネタリウムに来たかのような満天の星を鑑賞できます。このようにいろいろな楽しみ方のできるツアーも用意されています。

新宿発の値段は?

お財布日帰りバスツアーで新宿発の水族館を巡るツアーはしばしば出ています。このようなツアーに参加するのに興味のある人もいるでしょう。その中でも気になる項目として、値段がどのくらいかかるかはあるはずです。どこの企画しているツアーか、内容などによっても価格は違ってきます。しかし多くのツアーでだいたい7000円から8000円台で募集をしています。ただし中には格安のツアーもあって、6000円弱で水族館を巡れるような日帰りバスツアーを企画しているところもみられます。

リーズナブルな値段といわれると、内容もそれほどボリュームはないだろうと思っている人もいるでしょう。しかし中には4時間たっぷりと水族館に滞在できるようなバスツアーもあります。これだけの時間滞在できれば、水族館で行われているショーなども十分みられるはずです。レストランやカフェなどに疲れたら立ち寄って、十分休憩をとることもできるはずです。中にはお土産が参加者全員についてくるような格安バスツアーも用意されています。

中には帰り道でアウトレットに立ち寄れるようなスケジュールの日帰りバスツアーもみられます。買い物も楽しめ、有意義な休日をきっと過ごせるはずです。

日帰りバスツアーで水族館

日帰りバスツアーは年間通じて実施されていますが、夏場になって企画の増えるのが水族館をメインとしたコースです。アザラシやいるか、ラッコをはじめとした海の生き物をつぶさに観察できます。夏休みなどを利用してツアーに参加してみるのもいいでしょう。東京やその近郊在住の方は、新宿発のバスツアーも数多くありますからこちらに参加してみるのはいかがですか?老若男女誰もが楽しめるはずです。

魚水族館にはさまざまな海の生き物が種類別に水槽に展示されています。このときそれぞれの魚の表情に着目しましょう。するとそれぞれの魚に個性のあることがわかります。またボディのフォルムや色に着目して見学するのも興味深いです。左右に平たい種類もあれば、上下に平たい種類もあります。これはそれぞれの住む環境やライフスタイルに合わせてこのような形状に変化したとみられます。色に関しても周りの岩などに擬態して身を隠すことが目的の魚がいます。一方であえて明るく目立つ派手な色にすることで、「自分はおいしくないですよ」ということをアピールする魚もみられます

近年の水族館では、行動展示をするところが増えてきています。行動展示とは、自然で生活しているありのままの状況を見せる方式のことです。水槽を海に見立てて巨大なものを設置し、異なる種類の生物を一つに入れる方式です。もしこのような大きな水槽があった場合には、群れに着目するといいでしょう。群れの構成や大きさは魚によって異なります。このようにいろいろな楽しみ方ができます。